FC2ブログ
ちゅら星(35)
27. 三ツ星旅行
「何さっ。」と言ってユニヴァは渦巻貝をテーブルに置いた。
僕らはいっせいにソファアにどっぷりっと持たれた。
突然ユニヴァが仔猫のように飛び起きて窓を見つめた。
僕とクーさんも窓を見た。
白い雲と青空しか見えないはずの景色が一変して、いつのまにか雑草の生えた小道がゆるい傾斜で丘の上へ続いている景色になっているのだ。
「何これっ?」ユニヴァがつぶやいた。
僕はさほど驚きもしなかった。
と言うのもユニヴァの家はミラクル構造になっているので、窓の景色も手の込んだ仕掛けになっていると思ったからだ。
「こ~んな景色はあたしのリストにはないもの・・・。」
ユニヴァはソファアからポトンと降りると窓へ近づいて行った。
それから鼻先を突き出してクンクンと匂いをかいでいる。
僕とクーさんもソファアを立って、窓辺に近づいた。
「草の香り・・・。」ユニヴァが窓に手を伸ばすと、ガラス窓を突き抜けた。
「あれっ、窓じゃない。向こうに通じてるよ。」
「行ってみるでしょ?」とユニヴァが僕らを振り返った。
僕とクーさんは無言でうなずいた。
ユニヴァが一歩踏み出そうと、大きく息を吸い込んだ時、突然僕がストップをかけた。
「もし、あちら側に入った後に戻る方法がなかったとしたら?」
「あっちの世界でなんとか暮らしていくしかないでしょ!」と言うのがユニヴァの回答だ。
そしてユニヴァが窓の外?の世界に入り、ニコニコ顔で手を振ってまたユニヴァの部屋へ戻ってきた。
それからユニヴァが用意した水筒とビスケットをキッシュを入れて来た空の袋に入れると、僕らは窓の世界へ踏み出した。
どこにでもあるのどかな丘の道だ。
どこまでも短い雑草で覆われた土地が芝生のような緩やかなカーブを作っていて、細い涼しげな木がところどころに見えるだけだ。
数歩歩きだしたところでユニヴァが待ったをかけて、走ってまた部屋に戻って行った。
こちら側からユニヴァの部屋を見ると、崩れた岩肌の壁に違和感のある風景が四角くぽっかりと空いているのだ。
戻ってきたユニヴァは右手に握った渦巻貝を僕らに振って見せた。
「だって、いつLume星から連絡があるかわからないでしょう?」
そう言ってユニヴァは僕がぶら下げていた水筒とビスケットの袋に渦巻貝を押し込んだ。
とにかく僕らは道なりに緩やかな坂道を登って行った。
10分もすると丘の頂上の向こう側が少しずつ見えてきた。
僕らは登り続ける。
キラキラした小川がどこまでもうねうねと続いていて、遠くにかすむ海へと続いているのが見える。両側の平たんな土地には小さな白い立方体が川沿いに等間隔でならんでいる。
「町だね。」歩きながらクーさんが言った。
ちょうど丘の頂上あたりだろうか、僕らは眼下の何ともかわいらしい小さな集落をしばらく眺めていた。
僕にはいったいここがどういう場所なのか全く見当もつかなかった。
ちゅら星かどうかさえ怪しい。
「ねぇユニヴァ、この場所に見覚えあるの?」僕は聞いてみた。
ユニヴァは黙っていた。
するとクーさんが驚いたように僕を見て言った。
「ピーちゃん!ここがLume星なんじゃなかったの?」
「僕が行ったLume星はこんなところじゃ無かったよ。」
「だって、ユニヴァがLume星へのポータルを開くってさっき・・・。」
クーさんがそこまで言いかけたところでユニヴァが言った。
「だって、あたし何もしてないのに?」
「あの窓、ユニヴァがちょちょいとなんかしたんじゃないの?」
あの窓については、僕もユニヴァの仕業だと決め込んでいた。
「じゃあの窓って何?ここ何処よ!」
ユニヴァは一瞬ゾッとした顔をして、来た道を一気に駆け戻り始めたので、僕らもそれに続いた。
ものすごい勢いで、何分もかからないでユニヴァの部屋まで戻ってきた。
僕らは三人とも床に寝ころんでぜーぜー言っていた。
ユニヴァの部屋の窓は、それでも相変わらずあの丘に続く景色が開放されている。
「もうその辺を散歩してきちゃったようですね。」
ソファアにゆったりと座っているヒツジみたいなのが涼やかに言った。
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/07 12:42】 | ちゅら星物語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ちゅら星(36) | ホーム | ユニヴァです。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://univa.blog86.fc2.com/tb.php/45-c6ebaee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
WhiteUniva∞ホワイトユニヴァ


れもんちゅらな宇宙で星散策。   エンドレスなちゅら星の物語・・・  手作り黒猫や熊も紹介します。

プロフィール

れもんちゅら

Author:れもんちゅら
こにちわ~!
Contact whiteuniva@gmail.com

teddybearSHOP:lemonchura

☆ちゅら星ヴィジュアル見に来て。

記事map

*ちゅら星*を途中から読まれるのに便利です。↓↓↓

全ての記事を表示する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

category

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード