FC2ブログ
ちゅら星(33)
26. マチからの伝言
僕は僕の作業机にいた。
そして、口にくわえたままの渦巻貝を手に取った。
青白いグラデーションの光が波打つように発光している。
今ここにこの渦巻貝がなかったなら、昼寝で夢を見ていただけだと思っただろう。
時計は僕がラッキーラブレターに引き込まれた時間から、たった15分ほどの経過だけだ。
しばらくして、現実感覚を取り戻してきた僕は早くこの事件をクーさんやユニヴァに知らせなければと思った。
気持が焦って、たぶんレモン星には来ていないクーさんにとりあえずメールを送ってみた。
もちろんすぐにクーさんからの返信が来るようなことはなかった。
それから宇宙便で出すためにクーさんとユニヴァ宛の手紙をあわてて書き始めた。
これが一番有効な彼らと連絡をとる手段に違いなかった。
文面は単純で、とにかくLume星へ行ってきたのですぐに会いたいという旨だけのものだ。
僕は手紙を出してしまうと、部屋中を意味なく歩き回って落ち着かない気持ちでLume星でのことを回想していた。
それから思いついて、Lume星での出来事をメモ帳に記録していくことにした。
滝でエネルギーを充電しているところまで記録したころに、どこからかザワザワと音がしていることに気付いた。
Lume星の渦巻貝からラジオのチューニングのノイズ音が聞こえてくる。
僕は渦巻貝を耳に押し当ててみた。
「ザザザ・・・この・・・ザザ・・・ヴァ・・・ザザザー・・・ザザザーガガガッ・・・ガガッユニヴァに渡してね・・・・・・マチです。ピーちゃんにまた会える日を楽しみにしています。そしてこの渦巻貝は必ずユニヴァに渡してね。・・・・・・マチです。ピーちゃんにまた会える日を楽しみにしています。そしてこの渦巻貝は必ずユニヴァに渡してね。・・・マチです。ピーちゃ」
マチの声でメッセージが聞こえていた。
僕は渦巻貝を置いて、そしてまたLume星旅行の回想録の続きを始めた。
渦巻貝からはマチのメッセージが繰り返されていたが、止め方もわからないのでそのまま放置するしかなかった。
しばらくしてかき氷を食べているあたりまで記録し終えたころ、マチの声が途切れ途切れになり始めて、やがてノイズ音になり何も聞こえなくなった。

数日後、箱にどっさりとジャガイモとタマネギが届いた。
ゴディ星からクーさんが送ってくれたのだ。
「近いうちにレモン星へ行く。」とだけ書かれたカードがジャガイモの間から出てきた。
翌日、ゴディ星のタマネギをフライパンで念入りに炒めていると、キッチンの窓に人の気配を感じた。見るとクーさんがのぞいていた。
僕がビックリしていると、クーさんは「いいにおいだね。」と呑気そうに言って入口から入ってきた。
クーさんは「ポストに入っていたよ。」とポストカードを僕に差し出した。
ユニヴァからのカードだった。
「ゴディ星のタマネギでおいしいオニオンスープを作ったので、早く来るべしっ!」と
大きな赤い文字で書かれただけのものだ。
「卵ある?」とキッチンからクーさんの声がした。
いつの間にか勝手にキッチンに入って、送ってくれた箱からジャガイモを取り出してボイルし始めていた。
クーさんが料理しながら「Lume星は楽しかった?」と切り出したので、僕は無言でLume星の青白く発光している渦巻貝を持ってきて、クーさんの目の前に差し出した。
「うわっ!Lume星の貝だね。」クーさんはそっと渦巻貝を手に取ってみた。
渦巻貝の美しさに見とれているクーさんに「それだけじゃないマチの声も聞こえたんだ。」と得意げに僕が言うと、クーさんはあわてて僕を遮るように「やっぱりその先はちゅら星で聞こう。」と言って渦巻貝を僕の手に戻して料理をした。
それから僕とクーさんはキッシュロレーヌを焼き上げてから、ちゅら星行きの車が到着するのを待った。
車に乗り込もうとした時、僕はユニヴァに渡さなければならない渦巻貝をうっかり忘れそうになり、あわてて取りに戻ったりした。
そして無事宇宙空間へ飛び出した。
スポンサーサイト



テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2008/01/19 16:05】 | ちゅら星物語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
WhiteUniva∞ホワイトユニヴァ


れもんちゅらな宇宙で星散策。     エンドレスな「ちゅら星」の物語・・・  手作り黒猫や熊も紹介します。

プロフィール

れもんちゅら

Author:れもんちゅら
こにちわ~!
Contact whiteuniva@gmail.com

teddybearSHOP:lemonchura

☆ちゅら星ヴィジュアル見に来て。

記事map

*ちゅら星*を途中から読まれるのに便利です。↓↓↓

全ての記事を表示する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

category

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード